だって、そいつらは蟻と同じなんだから。

最近、棒読みで奇声を発する事が多くなりました。
「みぎゃー」とか「うおー」とか「ぎゃー」とか。あくまで棒読み。

料理する時にはテーマを決める事が多いです。
主に見た目に関してだけですが(味に関しては冒険しません)。
子供の日だからこいのぼりを作ろう、とか
月見だから月っぽくしようとか、
ハロウィンだからジャック・オ・ランタンで埋め尽くそうとか、
あの食材をこうしたら目玉っぽくなったから目玉で埋め尽くそうとか、
丸い材料しか使わないでみようとか…。
思いっきり自己満足なんですけどね、楽しいんですよ。絵を描いてるようで。

で、今回もテーマが決まったのでそれに沿って作ってみる事にしました。
テーマ『毒々しい色の食事』

完成した料理の写真を載せてみましたので、宜しければ下の「続き」ボタンをクリックしてみて下さいな。



e0045284_21564815.jpg
上から。


e0045284_22203046.jpg
横から。








…物凄く楽しかったです。そして、色合い的には自分好みになってしまい、いまいちインパクトに欠けてしまいました。赤と黒と紫と緑って、全部好きな色じゃないですか、HYさん。


…と思って食べていたんですが、食べてる最中に何と言うか物体Xの様になっていきました。赤と黒が混じりあい何だか赤黒くなっていき、そこに紫色の物体が絡まるという。
只のキノコも毒キノコのように見えてくるから不思議です。
料理から目を離した後に再び見ると、本気で吃驚します。一瞬理解できません。思わず片言の日本語で「コレ、ナンデスカ?」と言いたくなります。

材料は要望があればお教えします(笑)
大したもんじゃないですよ。
[PR]

  by k1069 | 2005-09-30 22:15 | 日常

<< 学校中を牛歩で散歩(24時間) 五ヶ国語でなじられる >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE